店長会議の後の飲み会での話

本日もブログをご覧下さりありがとうございます。

有名メンタリストさんの喫煙についての動画を見て、ふと飲み会での出来事を思い出したので書いてみました。よろしければ動画もご覧頂けたら嬉しいです。

大手コンビニエンスストアでは、年に数回エリアの店長が集まって会議を行います。
会議が終わった後は、ほぼ毎回のように「意見交換会」という名の飲み会が開催されます。

意見交換会といいつつ、「どうせ、お酒が飲みたいだけじゃん」と不満に感じつつ、半ば強制参加のためしぶしぶ行ってました。

飲み会では、普段交流が無い方々とのコミュニケーションを図るため、違うエリアの人たちと座ります。
私の前には、顔は見たことあるけど一緒に仕事をしたことがない方が座りました。

最初担当店舗と名前などを紹介し、しばし歓談した後、目の前の店長は「すみません、タバコ吸って良いですか?」と言いました。
周りにいた他店の店長さんたちは、最高の笑顔で「どうぞ、吸って下さい」と答えてました。

私はすかさず「タバコの煙苦手なんです」と答えました。
当の本人は「・・・・」と言った感じで完全にフリーズしてました。

私は、本当にタバコの煙がダメです。理由として、
アトピーが悪化する
花粉症の症状がぶり返す実際に目を開けていられないほど
洋服や髪の毛にニオイの付着
■食べ物、飲み物の味を変えてしまう

などがあります。
当の本人は、まさか断られると思っていなかったようで、完全に私を見てフリーズしてました。

一見、タバコを吸っているか許可を取ってて、素晴らしいマナーだと思いますが、アレは許可を取っているのでは無く「今からタバコを吸うよ」と宣言してるにすぎません。

ご存じのように、タバコは吸っている本人より、周りにいる人が吸ってしまう副流煙の方が有害です。

万が一、目の前で吸い始めた場合は、距離を取ることも必要だと思っています。

私は、在職中は目の前でタバコを出した瞬間に「吸わないでほしい」と言ってました。

聞き入れてくれたらお礼を言い、受け入れてもらえなければ自分が移動する。すごくシンプルなことです。

現在は、ちょっと愛煙家の方々にとっては過ごしづらくなってることは十分承知です。

これからもタバコを吸う人と吸わない人双方が気持ちよく過ごせる環境が発展することを期待します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です